話し方のコツ | 普段のオナニーに飽きた時は、ツーショットダイヤルで電話エッチを

話し方のコツ

セーターを着ている女性

ツーショットダイヤルと呼ばれるサイトを利用することによって、見ず知らずの女性と電話越しにオナニーを行う、テレフォンセックスと呼ばれるものを楽しめるようになりますが、このテレフォンセックスを行う際には注意しないといけない事があります。
それは「いきなりテレフォンセックスをしようと言わない」ということです。
ツーショットダイヤルを利用する人の中には、テレフォンセックスを目的にしておらず、ただ単に男性と楽しく話ができればそれで良い……という風に思っている人も非常に多くいるので、いきなりテレフォンセックスをしよう、なんていう事を相手に伝えてしまうと、相手がビックリして電話を切ってしまう可能性もありますし、テレフォンセックス目的でサイトを利用していたとしても、いきなり相手からそのような事を言われると、誰でもビックリしてしまいます。

なので、テレフォンセックスをする前には相手と「エロい会話」で盛り上がってみましょう。
会話の内容は普段から気になっているような女性へのエロい質問、最近あったエロい出来事、過去のエロい思い出……どのようなものでも構いません。
それらの話をしつつ、相手の女性が話すのを嫌そうにしているか、それとも乗ってきているのか、それとも渋々だけれども興味はある……というような話し方なのか、というのを調べることによって、テレフォンセックスがしやすいかどうかを判断しつつ、双方の気分を盛り上げていくことができるのです。

なのでテレフォンセックスをしたいと思った時には、しばらくエロい話を行い、相手がどのような対応をするのかによって、電話を切って他の人からの着信を待つのか、それとも会話を続けるのか、押してテレフォンセックスに持ち込むのか……というのを判断するようにしましょう。